Bitcoinで頑張るブログ

Bitcoin、Altcoinの取引検証ブログ

突撃!!専業は儲かるのか!?株式専業10年目のジバニャン氏に専業トレーダーとして生計を立てる厳しさについて聞いてみた

こんにちは、とんかつです、蝉の声がうるさく感じる時期にはいってきましたね。 突然ですが、皆さん、専業トレーダーと聞いてどんなイメージを持ちますか?

twitterの投資クラスタを見ていると、専業トレーダーは成功者、専業トレーダーになって自由な生活を手に入れたいという頭がお花畑な人が意外と多いので、奴らに現実を見せつけるため、私の父で専業トレーダーであるジバニャン氏に専業になったきっかけ、過酷な投資生活について聞いてみました。

ちなみにジバニャンという名前は彼のLINEアカウント名からきています。

 

専業トレーダーの取材にきました、とんかつです。

早速ですが専業トレーダーって儲かりますか?

 

 

またお前はわけのわからないことを始めたのか。

全然儲かってないよ、お前はこんな事しないでちゃんと就活しろよ。

 

 
 

.....

 

 

儲かっていないならやめろよ。

儲かっていないのになぜ専業を続けているんですか?

 

 

 働いてもたいしてお金もらえないし、仕事は大変だからね。

やることないから、株をやっている感じだ。

 

 
 

ぶっちゃけ、株専業より一級建築士資格を生かして働いた方が儲かるのでは......

自由な時間がもてるというのが専業を続ける理由ということですね。

 

 

 ふふっ そうだなwww

ザラ場が終わった後は、ニコニコ動画を見つつソシャゲをやっている。

 

 
 

ほぼニートみたいですね。

儲からない株を始めたきっかけを教えてください。

 

 

いろいろあって会社を辞めてな、そのときもっていた自社株を売ったのがきっかけだ。

株の専業しないほうが収益はプラスになってたな(笑)

収支は、ほぼマイナス億トレーダーだよ。

 

 
 

専業トレーダーで儲けるのは大変なんですね。

ありがとうございました。 

 

 

 

おう

 

 

結論

専業トレーダーとして食べていくのは、専業トレーダーでも厳しい。

専業トレーダーをするには損失を出し続けても生活できるくらいのお金が必要。

株専業よりビットコイン専業!!!暗号通貨は面白いぞ!!!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Bitcoinが出金できない!!Poloniexから出金するときに注意すること

Poloniexから出金ができない

アルトコインを買うときに何かと便利なPoloniex
レンディング用途で使っている人も多いはず。
今までは特に不具合もなく(鯖落ちは頻繁にしていた)使えていましたが、5月中頃から6月2日現在にかけて一部の資金が出金ができなくなる不具合が発生しています。

終わらないAwaiting Approval

Poloniexからの暗号通貨の出金は、出金申請後、自分のアカウントのメールアドレスに届く出金承認用のURLをクリックすることで承認されるようになっています。
しかし、ここで承認確認をしても、StatusがAwaiting Approvalから変わらず申請のキャンセルもできず、資金が完全にロックされる事があります。
現在はサポートに連絡しても、アクションがなく放置されているユーザが多いのが現状です。
おそらく、急激なユーザーの増加にPoloniexのキャパが追い付いていないのが現状だと思います。
問い合わせしてもAwaiting Approvalのまま放置されている方は気長に待つしかないようです。

Awaiting Approvalで詰まらないための対処法

出金申請をしたIPアドレスとメール承認を踏んだIPアドレスが違うとセキュリティの関係上Awaiting Approvalにされるようです。
PCで出金依頼をして、スマートフォンからメール承認を行っている方は、一連の手順に同一端末を使うか、VPNを使うかしたほうが賢明です。

なにか他に原因や対処法があればコメントよろしくお願いします。

APIを使ってBotを作ってみよう

Botの作り方とアルゴリズム取引について

Botは、取引所内でプログラミングの通りに売り買いをしてくれるもので、取引所が提供しているAPIを使い作製します。
我々が普段売り買いする板にはマーケットメイカーBotというものが存在し、TakerがBitcoinを売り買いできるようにMakerとして売り板、買い板を提供しています。

マーケットメイカーがどのようにして取引を行っているかというと、1BTC/201000円の買い板と1BTC/201500円の売り板をだし、両方が約定すると500円の利益といった具合になります。
実際のマーケットメイカーBotはここにアルゴリズムを取り入れ、注文を細かくしたり提供価格を細かく変えたりして稼働しています。

Botを作ってみよう

各取引所のAPIを使いBotを作ってみましょう!!
APIドキュメント一覧
Coincheck API
Zaif API
bitFlyer API

Bitcoinの裁定取引(アービトラージ)をやってみよう。

Bitcoin裁定取引は可能か

Bitcoinは、特定の一か所の取引所で取引されているわけではなく、世界中様々な取引所で取引されているので、取引所間でBitcoinに価格が生じることがあります。

取引所Aでは1Bitcoinが200,000円だが、取引所Bでは1Bitcoinが205,000円

 この様な状態のときに、取引所AでBitcoinを買い、取引所BでBitcoinを売ることによって、裁定取引が可能になります。

裁定取引アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。機関投資家などが、リスクを低くしながら利ざやを稼ぐ際に利用する手法です。株価指数等の現物価格と先物価格を利用した取引などが代表的です。理論価格よりも高くなっている割高な先物を売却するのと同時に現物を購入することを「裁定買い」といい、理論価格よりも低くなっている割安な先物を購入するのと同時に現物を売却することを「裁定売り」といいます。また、例えば、先物を売って現物を買うという裁定取引のポジションを組み、その後、利益を確定するために先物を買い戻して現物を売るといった反対売買を行うことを「裁定解消」と呼び、その際に行われる現物の売りのことを「裁定解消売り」ともいいます。なお、裁定取引は、株式市場の現物と先物だけでなく、為替、金利、商品(コモディティ)など、さまざまな市場で行われています。

SMBC日興証券より引用 http://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/sa/J0288.html

価格差はどのようなときに生じるのか

中国、韓国、アメリカ、日本の取引所間でもBitcoinの価格は大きく違いますが、

同一国内取引所のBitcoinの価格差は、基本的に大きな売り買い注文が入ったときに生じます。

しかし、その歪みも短期間で縮小していくことが殆どで、人力で24時間監視して売り買いするとなるとほぼ不可能に近いです。

そこで、取引所が提供しているAPIというものを使い取引Botを作ることで、24時間監視する必要がなくなり、一度プログラムを実行するだけでBotによる取引が24時間可能になります。

APIを提供している取引所

国内取引所では

Zaif

coincheck

bitFlyer

quoinex(旧quoine)

この4つの取引所が出来高も多く、APIも充実しているので口座開設をお勧めします。